原付カスタムの日記

幻の魚サクラマスを追う

5/15、朝里川河口にサクラ咲かず

ついさっきまで朝里川河口へ釣行してきた。

朝里川河口は私が初めてサクラマス狙いに出た、

そして初めて敗北の味を知った思い出の地。

 

積丹寿都浜益遠征を経てのリベンジだ。

果たしてサクラマスは釣れたのか、

乞うご期待である(ブログタイトルに注目)。

 

 

釣行は5〜6.5時。

3時45分に起床し15分で出立。

5時前には現地に到着した。

f:id:banathe:20180515075131j:image

平日の早朝にもかかわらずすでに18人が

竿を振るっている。

初めは河口付近に半ば無理やり

入れていただいたが、あまりに釣り人と近く

遠慮して遠投できないため早々に移動。

右岸の最奥の、磯場手前に陣取った。

 

f:id:banathe:20180515075410j:image

波こそ無いものの潮の流れはよく、

いかにも釣れそうな雰囲気。

(釣ったことないけど)

 

お気に入りの岡ジグLT35鮭稚魚カラーを

結び、遠投する。

釣れるとしたらこのルアーしかないだろう。

(釣ったことないけど)

 

ファストリトリーブ、岸際。

海藻に根掛かりし、ハマる前に真上にシャクる。

ジグが飛ぶ。

目の前のゴロタ石にジグが乗る、一安心。

糸を巻き取る。空回り。

見るとジグはついていない。ロストだ!

先ほどまでジグが乗っていた石を見る、

ジグの姿はもう見えない。

 

ロストだ…………

ウェーディングして探したいが

ウェーダーは持ってきていない。

f:id:banathe:20180515075827j:image

f:id:banathe:20180515075842j:image

f:id:banathe:20180515075857j:image

この石!この石の下に私の岡ジグが!!!(多分)

 

 

ひとしきり落ち込んだあと、

岡ジグLT30ピンク鮭稚魚カラーを結び再開する。

5:40。

まだ跳ねももじりも確認できていない。

f:id:banathe:20180515080123j:image

日は高く昇りつつある。

 

f:id:banathe:20180515080153j:image

6時。

20名ほどいた釣り人はもう半分になっていた。

 

もう完全に朝で、心なしか潮も引いている。

釣れる気配はない。

残っている釣り人も、半数ほどはスマホをいじったり、

他の釣り人と談笑したりしている。

 

f:id:banathe:20180515075857j:image

この石。

覚悟を決めてウェーディングする。

濡れる靴。靴下。仕事に行けない。

もう何も構わずガニ股でしゃがみこみ、

石をひっくり返す。手を突っ込む。探る。

 

 

 

 

f:id:banathe:20180515080508j:image

あった!!!

 

f:id:banathe:20180515081319j:image

股間も破けた!!!(しゃがんだ時に)

 

 

これでプラマイゼロ。

気を取り直して遠投を続けるも、タイムアップ。

 

f:id:banathe:20180515080617j:image

f:id:banathe:20180515080626j:image

橋をくぐり、原付へ戻る。

雪代もだいぶマシになったのか?

濁りは以前ほどではなかった。

 

f:id:banathe:20180515080720j:image

f:id:banathe:20180515080727j:image

出勤するか…

朝里の海岸線の風景はエモかった。

 

原付は風をきって進む。

破けた股間から新鮮な潮風が通る。

今回も釣れなかったが、来てよかった。

そう思えた。

 

12連敗。